成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼したら損することは無いかと言いますとケースバイケースで沿うでないこともあります。

普通、成功報酬と言えば不成功な結果となった場合、報酬支払いの義務がなくなるのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。

ですから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、利用しようとしている人もいます。

探偵の場合には、人に怪しまれることのないようきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、興信所の特質として身辺調査や企業調査が多いために、まず身分を明かしておいて公然と調査を行なうことが多いです。

すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと、おおまかには考えられます。

結婚している相方が、浮気しているときでも離婚を避けたいのなら浮気している現場に直接行くことは辞めるべきです。

浮気の事実を突き止められると配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になるかも知れません。しかも、浮気相手に直接関わった結果、ひどくイライラさせられてしまいます。浮気の調査をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、どのような調査が行なわれるかにもよりますが、しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、本当に浮気なのかを調査員が1人で浮気が現実であると判明したら、再度考えて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。浮気調査で肝要なのは、本当に相手が浮気しているかの調査です。

確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合にはひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

調査により浮気が確定した場合に、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。パートナーの日々の行動を追跡したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の素性を確定させるのです。どのような行為をしているか記すことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。

大抵、人の日々の動き方には決まったパターンがあります。しかし、浮気すると、動きの法則性が変化してきます。変わった時間帯や曜日が確認できたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の証明ができる可能性が上がります。慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。専門家である探偵におねがいすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

素人が調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

だからといって、パートナーを責めてみても、「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。日々の生活の中で、相手の行動を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を掴む場合には、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が失敗がありません。

それに、探偵に頼んだ場合には、ただ、浮気に関する調査報告を貰うだけでなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもあるといわれているのですし、400万円くらいになる場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。

第三者からみても明りょうな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。領収書やクレジットカードから浮気の証拠を掌握することもできるはずです。

まず、普段は入らないようなよくコンビニエンスストアエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段からむかっていることになるでしょう。そこで逃さず見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA